何かうまくいかない今の人生を変えたい人に「人生がときめく片づけの魔法」感想

断捨離とか、シンプルライフとか、最近、お片付けを飛び越えた物をもたない生活が流行っていて、この「人生がときめく片づけの魔法」の本もそうなのかと思いながらも、とりあえず世界展開して売れている人気の本とあり読んでみることにしたのだが・・・

なんと、この本

人生のリセットが出来る本だった。

世の中には、たくさんの自己啓発本に溢れているけれども、それは男性目線で書かれた物が多い中、この本は、女性の立場に立って分かりやすく書かれた自己啓発の本と言ってもいいかもしれません。

自然に自分の必要な物が見えてくるお掃除本

だいたい、「成功した誰々の~」という本の中でも、必ず書かれるのが「整理整頓」。

部屋を掃除すれば、考えだって整理できると言う観点から、掃除をすることを推奨されることが多いです。

そんな中、この本は、「ときめかない物を捨てる」ことで、家の整理整頓をして、自分の考えをスッキリ導きだせるように促し、人生を変えて行くと言う分類の本なのだと思います。

掃除の仕方とや考え方にも大きくページを割かれていますが、まあ、その片付け方法も参考になるけどそれをキッチリやる必要はないかもしれません。出来る事だけやればいいと思います。

でも、重要なのは、「ときめく物」を残し、「ときめかない物」を捨てること。

これを行うことで、脳内で本当に自分が「必要なことと、必要じゃないこと」「成功できる分野と、できない分野」「出来る事と出来ないこと」「本当にやりたいことと、やりたくないこと」などをスッキリ整理できることによって、人生がより良い物になっていくのではないでしょうか。

これは、いろいろな指南本にも書かれていることで、でも、巷に溢れている指南本には、紙に書きだせと書かれているだけで、どうやって頭の中で整理するかが書かれていません。

でも、本当は、頭の中で整理することが一番難しいことで、突然、紙に書けと言われても書けない人が大半なんです。

だから、何も考えないでも、実際に自分で感じる「ときめき」で荷物を整理することで、自然に頭の中が整理されて、必要n言葉が出てくると言うことで、この本は人気が出ているのだと思います。

「人生がときめく片づけの魔法」の方には、その考え方が、「人生がときめく片づけの魔法2」に方には反対に具体的な片付け方法が載っています。

別に、整理整頓、断捨離などしようと思わなくても大丈夫です。

この本を読み終われば、何かしようと言う気になるという不思議な本なのですから。

人生がときめく片づけの魔法
近藤麻理恵

まずは、「捨てる」を終わらせる。そして、一気に、短期に、完璧に片づける。これを正しい順番で行うと、二度と散らからなくなり、一生、きれいな部屋で過ごせるというのです。しかも、著者のコンサルティングを受けたお客さんからほとんど毎日のように「人生が劇的に変わった」と、たとえばこんな報告のメールが届くそうです。この「人生がときめく片づけの魔法」を手に入れて、新しい人生のスタートを切ってください。

人生がときめく片づけの魔法2
近藤麻理恵

本書は、「片づける気持ちはあるけれど、まだ片づけを終えていない人」に「片づけを完璧に終わらせる方法」を伝えるために書かれたものです。前著にない特長として、服のたたみ方からクロゼット・押し入れ・キッチンの収納法まで、イラストを使ってわかりやすく解説してあります。著者がふだんの片づけレッスンで教えている内容を余すところなく書き尽くした本書は、これから片づける人にとっても、すでに片づけを終えた人にも座右の書となること、間違いありません。

人生がときめく片づけの魔法を読みといい事

「ときめく」物を残すことで
自分がやりたいこと、出来る事などが明確に見えるようになります。

by mimi


スポンサーリンク